CentOS、Vine Linux(Redhat系)のインストール(4)


今回は、宿題となっている統計システムR言語(Wikipedia)に挑戦します。
1) ソースのゲット
ダウンロードの適当なミラーサイトから、最新版…
$ wget http://cran.cnr.berkeley.edu/src/base/R-3/R-3.0.2.tar.gz
$ tar R-3.0.2.tar.gz
2) 必要なプログラムのインストール
画面制御プログラム開発環境
$ sudo yum -y install readline-devel
3つ(gcc、C++、Fortran)ほど、コンパイラが必要なので、
$ sudo yum install -y gcc44
$ sudo yum install -y gcc44-c++
$ sudo yum install -y gcc44-gfortran
あとはX-Windowの開発環境も必要だが、依存関係や一つ一つインストががめんどくさいので、メニュー→システム→ソフトウェアの追加/削除で、ブラウズ→開発→Xソフトウェア開発にチェックマークをつけて、インストール(図1)
3) R言語のインストール、実行
展開したファイルのところに戻って
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
で、無事インストール。
あとは、端末で
$ R
とタイプすれば、立ち上がる(図2)。
デモは、例えばグラフィックなら
>demo(graphics)
で、図3のようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">