Lubuntu インストール記(8)


先日、Youtube などネットストリームを録音する(ファイル保存)するツールを紹介しましたね。今回は、NHKなどのネットラジオストリームを、定時にゲットする方法に挑戦します。WindowsやMacなどそれなりにアプリはあるようですが、Linux ならですので、すべて、CUI(キャラクターベース)で行きましょう。参考にしたのは、ストリーム録音のプログラム、rtmpdump をMac OSXで使用した「RTMPDUMPでNHK-FMを録音する」のスクリプト( http://bit.ly/1njzhZ5 )を改変しました。
下準備として、rtmpdump と ffmpeg を用意します。
$ sudo apt-get install rtmpdump
以前、書きましたが、ffmpeg は、ubuntu では、サポートされなくなっているようで、別のレポジトリから、
$ sudo add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ffmpeg
肝心のスクリプトは上記を少し改変して

http://www.nishinari.coop/language/radika/nhkfmrec.sh

です。詳しい解説は避けますが、rtmp プロトコールのゲットには、NHKFMなら、rtmpe://netradio-fm-flash.nhk.jp、NetRadio_FM_flash@63343、http://www3.nhk.or.jp/netradio/files/swf/rtmpe.swf といったアドレスが必要なようです。NHK第1、NHK第2などのアドレスは、

https://gist.github.com/saiten/1185755

などご覧ください。
使い方は、まず保存ディレクトリを作り、スクリプトを実行ファイルに変換して、適当な場所に置いて(ここでは、/home/hoge/bin とします)、引数一つ(継続時間を分単位)にして
$ mkdir /home/hoge/NHKFM
$ chmod 755 nhkfmrec.sh
$ mv nhkfmrec.sh /home/hoge/bin
定期的に、実行させるには、crontab というプログラムを利用しますが、設定ファイルを書かなければなりません。それには、
$ crontab -e
で、エディタを起動させます。デフォールトでは Vi ですので、使いやすいエディタを以下のように指定してください。ここでは、jed とします。
$ EDITOR=jed;export EDITOR
設定ファイルの形式は、以下をご参照ください。
# For example, you can run a backup of all your user accounts
# at 5 a.m every week with:
# 0 5 * * 1 tar -zcf /var/backups/home.tgz /home/
#
# For more information see the manual pages of crontab(5) and cron(8)
#
# m h dom mon dow command
# 以下、NHKFM 古楽の楽しみ(月〜金、朝6時から6時55分まで)
00 06 * * 1 /home/hoge/bin/nhkfmrec.sh 55
00 06 * * 2 /home/hoge/bin/nhkfmrec.sh 55
00 06 * * 3 /home/hoge/bin/nhkfmrec.sh 55
00 06 * * 4 /home/hoge/bin/nhkfmrec.sh 55
00 06 * * 5 /home/hoge/bin/nhkfmrec.sh 55
当方、ubuntu からではありませんが、Mac から同様の手段で、録音したファイルを、iPad に転送し、駅まで歩く時間にさわやかな「朝のバロック」を楽しんでいます。ご質問があればどうぞ!画像は、rtmpdump と ffmpeg のメッセージです。今回は、ファイル形式を m4a( http://www.weblio.jp/content/.m4a )としましたが、ffmpeg を使えば、mp3 など他の形式にも変換可能です。
Have a nice music! Enjoy Ubuntu!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">