各国のUbuntu、Debian ディストリビューション(4)


今回は、ひとっ飛びアフリカに飛びます。南アフリカ産のディストリビューションです。Enlightenment という、デスクトップが物珍しかったので、インストールしましょう。

ダウンロード先は、http://www.makululinux.com/enlightenment.htm です。

日本語表示と入力設定は、けっこうあちこちいじらなければなりません。まず、左下のメニューか、画面のどこかを左クリックし、Setting→Allで、Fontのなかの、VL**か梅フォント(Uなんとか)を選択します。次に、Setting→All→Language Setting で、「日の丸」(日の丸・君が代強要反対!)をえらびます。そして、Setting→All→Inpput→Keyboard で、Japanese
(日本)を追加し、English(US)を削除します。
その次は、日本語入力メソッドのインストールです。以下のように、Mozc を利用します。

$ sudo apt install fcitx-mozc

ここで、一旦ログアウトか再起動します。Setting→Input Method で、fcitxをえらび再びログアウトか再起動します。次に、Setting→All→Preference で、Fcitx の設定で。Mozc を追加すれば、Ctrl+space ないし、半/全キーで日本語が入力できます。

以上の設定でも、日本語表示がうまくいくのは、メニューやアプリの半分くらいです。Chromium-Browserは、日本語パックをインストールしたら、文字が飛んだり、 Thunderbird などは、日本語化しようとしても、英語のままで、日本語環境は、Ubuntu などに比して貧弱なので、日常的には利用できないでしょう。それよりも面白かったのは、Enlghtenment というデスクトップ環境で、ひところ、メモリー喰いと言われた、Enlghtenment が、意外とサクサク動き、Window のドラックなど、動きはあって非常に興味を引きました、

この環境の上に、なにか、データベース的なものを作ろうと目論みましたが、時間の関係で次回以降にまわします。画像は、Enlightment 版だけではなく、Xfce 版も混じっています。インストール画面など、反マイクロソフト意識が強そうですね。壁紙もなかなかユニークなので、一覧にして、その中の一枚を画像にしておきます。

http://www.nishinari.coop/wallpaper/makulu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">