カテゴリー別アーカイブ: Virtual Box

KDE系Ubuntu のインストール(2)

もう一つ、KDE系のディストリビューション、「Linux Mint KDE Version」をインストールしましたが、若干画面が洗練はされていますが、正直なにが良いのか分からない、失望です。例えば、オフィススーツとして、以前は、Koffice があったのですが、開発が止まっているらしく、結局、LibreOffice をインストールせざるを得ない、ブラウザも、Konqueror(征服者)という物騒な名入りのがあったのが、Firefox に変わっている、Kmail はすこぶる使いにくい、ネット設定が分からない、などなど…というわけで、則削除しました。記念に、KDEの起動画面を少々…

KDE デスクトップの起動画面

KDE デスクトップの起動画面

お口直しに、「動く壁紙」の続きなど(iPad で、うまく表示されませんでしたが、今回はうまくいくかな?)…

ヒチコックの「鳥」まではいきませんが…

ヒチコックの「鳥」まではいきませんが…

iPad でも見られるように

も一つ、暑い夏に涼を求めて…

iPad でも見られるように

WORDPRESS ON UBUNTU SERVER 完成まで(2)

Ubuntu Desktop + Chromium から投稿しています。
1)圧縮(解凍)アプリの unzip をインストール
$ sudo apt-get install unzip
2)Wordpressは、以下のサイトから日本語最新版(現在は3.9)をゲット
・WordPress.org 日本語
3)ゲットした、wordpress-3.9-ja.zipを、apache サーバーの root に解凍。
$ sudo unzip -d /var/www wordpress-3.9-ja.zip
$ sudo mv /var/www/html /var/www/html.orig
$ sudo mv /var/www/wordpress /var/www/html
4)wordpress のファイル群を、apache から読み書きできるように、オーナー変更
$ sudo chown -R www-data /var/www/html
5)あとは、クライアントの browser で、
(ubuntuserver)または、割りふったIP番号にアクセスし、質問に答えていけば、wordpress ブログの出来上がり。database 名は、phpmyadmin で作った、omoiyari とすれば良い。
用途は、自分用の覚書、会議メモ、その他、アイデアを思いついた時に、使えるかな?
10340173_727902090594719_3420902511415682069_n

あるFB投稿に以下のコメントをしました。

あるFB投稿に以下のコメントをしました。
・Virtualbox でのわずかな経験ですが、Puppy は、今までWinやMacを使ってきたものにとっては、いかにもチャチイ感じがします。今時、Office系のアプリが動かないようなら実用にならないと思います。
・Ubuntu は、Virtualbox でのメモリーを2Gにすると、さくさく動きます。Ubuntu のメモリ負荷軽減法は、 http://cellspe.matrix.jp/parallella/inst_u1210pc.html にあります。

・非力なマシンでの私の狙い目は、Vinelinux (です。古い512Mノートで十分です。日本語も、Mozc がデフォールトですし、たいていのアプリ(Gimp や Dia など)でも日本語が通ります(Ubuntu などではそうはいかない)。難点はアプリがやや古い(Gimp は2.6)くらいでしょうか?アプリインストール法も、Ubuntu での、apt-get など良い所を取り入れています。
・Ubuntu の話題に限りませんが、「Ubuntu初心者の集い」( https://www.facebook.com/groups/tasha.omoiyari/ )を作っています。よろしかったら、ご参加下さい。

VirtualBox でのUbuntu Serverの実験(7)

【補足2】
固定アドレスの設定方法(eth1 を固定する、eth0 はDHCP)
GUI(Graphic User Interface)
・Ubuntu
スクリーンショット3
・CentOSなどRedhat系
スクリーンショット1,2
CUI(Character User Interface)
・Ubuntu
ファイル /etc/network/interfaces を編集
auto eth0
iface eth0 inet dhcp
auto eth1
iface eth1 inet static
address 192.168.56.102
netmask 255.255.255.0
ファイル /etc/resolve.conf
nameserver 8.8.8.8
・CentOSなどRedhat系
ファイル /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 を編集
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static ←固定したアドレスを割り振るという意味
IPADDR=192.168.56.101 ←これが割り当てたいIPアドレス
NETMASK=255.255.255.0 ←サブネットの範囲を指定する
NETWORK=192.168.56.0
BROADCAST=192.168.56.255
ファイル /etc/resolve.conf は同じ
以上で、ローカルPCでHosts 設定できれば、IP番号ではなく、名前でアクセスできる。

VirtualBox でのUbuntu Serverの実験(6)

【補足1】
Ubuntu サーバで使用するとなると、IP番号は固定にして、Host OSや他のGuest OS から、「名前解決」できるのが便利。(固定アドレスの設定方法は、Redhat 系のCentoOSなどと、Debian 系のubuntu などでは若干異なるので別記)プライベートな「名前解決」の方法は。Hosts ファイルの設定によるが、その置き場所が、OS の種類によって違う。
Unix 系は、/etc/hosts
Mac OS X は、/private/etc/hosts を「管理者権限」で編集。
Windowsは、
・Windows XP & Vista
http://www.kurohama.net/f11.shtml
・Windows 7
http://negiwatch.jugem.jp/?eid=54
・Windows 8
http://www.teradas.net/archives/7728/
〈例〉
192.168.56.101 ubuntu
とすると、ubuntu でサーバーにアクセスできる。
図は、CentOSをVirtualBoxで走らせたもの(この投稿もCentOSでおこなっている。)次回からは、CentOSの話題でも…

CentOS on VirtualBox

CentOS on VirtualBox

VirtualBox でのUbuntu Serverの実験(5)

前回のリンクからの示唆で、Ubuntu Server は、自動的には、複数のネットワークインターフェイスが認識しないことが分かる(Ubuntu のDesktop版はこの点スムーズで自動認識した)。リンク先の記述にしたがって、手動でインターフェースを追加した。(記述法は、Redhat 系のCentOSなどとは、Ubuntuは大いに異なる)これで、図の1)のように、Ubuntu Serverは、二つのネットワークインターフェースを持たせる事が出来て、Host とInternet の両方に繋がった。VirtualBox でのネットワーク図は、Guset OS であるUbuntu Desktopで走らせたDia で作成し、この投稿も、Firefoxで行っている。次からは、サーバーの話題とともに、いろいろなGuest OSのあれこれも…

Dia による回路図

Dia による回路図

VirtualBox でのUbuntu Serverの実験(4)

Sever Version では、一つ重大な欠点がある。それは、Virtual Box レベルで、ネットワークインターフェイスが、どう設定しても1個しか認識されず、それを「ホストオンリーアダブタ」にしてしまうと、Guest OS であるUbuntu からは、インターネットに繋がらないことだ。これでは、実用性に著しく欠けるので、やむなく断念することにする。解決法は後日に…
ヒントがありました→http://qiita.com/urunru@github/items/291deb59fac04b40c95f

Virtual Box でのネットワークの設定

Virtual Box でのネットワークの設定

VirtualBox でのUbuntu Serverの実験(1)

(以前、投稿したものなので、内容は古くなっています、あしからず)
インストールは実に簡単、ダウンロードしてきたCDROMイメージで、VirtualBox に…
ただし、HostのMacとNetworkingするためには、「設定」→「ネットワーク」→「割り当て」で「ブリッジアダプター」を選択する(http://bit.ly/16ZUmTf 参照)
黒い画面は、そっけないUbuntu Server(ただし、日本語は一切通らない)白い画面は、Mac の terminal。Hostからは、192,168.10.227 のping が通るようになるのを確認。
外のインターネットと繋がっている確認のためには、
$ ping 8.8.8.8
8.8.8.8 は、利用自由のネームサーバー。

2013年10月20日記